警報発令時の対処

警報発令時の対処について

       
1.京都府南部に「特別警報」または「暴風警報」が発令・解除された場合下記のように対応をお願いします。

*発令されたとき

 ◆「警報」が「午前7時前」に発令された場合。
   →→→保育は休務します。

 ◆「警報」が「保育時間中」に発令された場合。
   →→→お迎えをお願いします。ただし降園が危険を伴う場合は保育を継続します。

*解除されたとき

 ◆「警報」が途中で解除された場合。
   →→→それ以後平常保育を行います。

 ◆「警報」が「午前9時までに」解除された場合。
   →→→給食があります。

 ◆「警報」が「午前9時以後に」解除された場合。
   →→→おかず入りのお弁当をご持参下さい。

◆「警報」が「午前11時以後に」解除された場合。
→→→休園になります。

2.「暴風警報」以外の警報や注意報の場合は平常保育です。

 

3.避難勧告及び避難指示の場合…暴風警報発令時の対処と同様です。

 

4.震度5以上の地震の場合…安全のため、自宅待機または、お迎えをお願いすることがあります。

 

◆わからない場合は保育園にお電話下さい(午前7時30分から)