集団生活の中で、一人ひとりの子どもの自発的なあそびを充分保障し、子どもが目を輝かせ、毎日生き生き生活できるように保育環境を配慮し、いろいろな経験を通して、豊かな心を持った子どもに育つよう願っています。

0才~5才までの、それぞれ違った発達段階の子どもが一緒に生活する中で、お互いを大切にすることを身に付け又、園庭の樹木、草花、動物の飼育、散歩などを通して、自然とのかかわりを深めるよう保育に取り組んでおります。

地域の人々のニーズを大切にし、子育て相談の実施など、地域の育児センターとして、気軽に園を利用していただき、今後も積極的な取り組みをして行きたいと考えています。

昭和10年11月 向島方面委員会により向島隣保館託児所開設

昭和23年12月 向島保育園と改称、民生委員会方面委員の経営となる

昭和27年4月 定員の変更(73名)

昭和29年4月 定員の変更(110名)

昭和30年10月 創立20周年記念式典

昭和39年4月 定員の変更(120名)

昭和40年4月 定員の変更(150名)

昭和40年9月 創立30周年記念式典

昭和49年10月 社会福祉法人となる

昭和50年1月 園舎の全面改築

昭和50年4月 乳児受入(1歳児5名、2歳児15名)

昭和60年11月 創立50周年記念式典

平成元年4月 0歳児受入

平成6年9月 乳児室改築、及びホール新築

平成7年4月 地域交流事業開始(年6回)

平成10年4月 完全給食実施(給食室大改造)

平成12年4月 農園開設、延長保育実施

平成13年6月 京都市地域子育て支援ステーション

事業開始

平成16年11月 向島保育園農園開園

平成17年11月 創立70周年

平成20年1月 「おひさま発電所」開設

平成20年11月 第三者評価受診

平成22年4月 京都市向島南児童館 指定管理者

平成25年4月 分園「第二向島保育園」開園

開園

昭和10年11月1日「向島隣保間託児所」として開設

入園対象児

生後4ヶ月~5歳児

定員

150名(但し、市の要請により定員外20名在籍)

職員

保育園 計30名
園長1名、保育士18名(内男性2名)、給食調理員3名、事務員1名、用務員1名、嘱託医1名、非常勤5名
児童館 計5名
館長1名、児童厚生員4名

開園時間

月~金曜日 午前7時20分~午後7時(特例保育、延長保育を含む)
土曜日 午前7時30分~午後5時

育児相談

月~金曜日 午前10時~午後4時

統合保育

集団保育が可能な軽度障害児

設備

全保育室冷暖房完備、乳児室床暖房、広い園庭、オートロック・防犯カメラ設置

地域交流事業

育児相談の実施、子育て支援ステーション実施、育児講演会の実施、地域行事への参加、地域老人の方とのふれあい事業

給食

0歳~5歳児、年間を通じて完全給食を実施、アレルギー除去食対応